この旅が、あなたを動かす
~ 沖縄編 ~

青く透き通った海、古くから伝わる伝統、美味しい郷土料理、魅力を一言では語れないのがここ沖縄。

独自の文化と壮大な自然が融合し,島からあふれ出す神秘的な力が訪れる人々を魅了します。

一度足を踏み入れればあなたもきっと沖縄の虜になるはず!

食べる

地元民のソウルフード

沖縄そば

数あるグルメの中で欠かせないのが沖縄そば!
そばといってもそば粉を使わず、太麺のような麺と沖縄の「三枚肉」と呼ばれる豚バラがトッピングされているのが特徴です。

地元民が愛する沖縄郷土料理の一つで、独特な食感の麺とお肉とスープの絶妙な味が人気で全国にも知れ渡っています。
沖縄にきたら食べてみたいという方も多いのではないでしょうか。

ソーキそばとは豚のスペアリブが使われていることで区別されたりします。
お店ごとにアレンジをしていたり、独自の味を楽しめるので、滞在中に食べ比べをするのもオススメです♪

沖縄生まれの絶品グルメ

タコライス

名前だけみると海外の料理のようですが、本島に元祖タコライス発祥のお店があり、正真正銘の沖縄料理です♪

スパイスやケチャップで味付けされたひき肉をライスの上にのせて、野菜やチーズをトッピングします。 ボリューミーですが野菜も沢山とれて意外とヘルシーな人気グルメ。 スーパーにタコライスの素が売られていたり、学校の給食にでるほど沖縄ではかなり一般的な料理です。

おすすめのお店は「タコライスカフェ きじむなぁ」。タコライスにふわふわ卵とアボカドのコラボがたまりません!

あたたかい気候にぴったり♪

アイスクリーム

1年を通してあたたかい南の島沖縄らしく、アイスクリームの種類も豊富!
沖縄のアイスといえば「ブルーシール」。アメリカ生まれ沖縄育ちのアイスクリーム専門店です。

フレーバーの数は豊富で、サトウキビやシークワーサー、紅芋などなど、沖縄ならではの味が楽しめます♪

もし国際道りを散策するならクールダウンに‘Fontana Gelato‘(フォンタナジェラート)もおすすめ! 「ドラゴンフルーツ」のような南の島ならではのフルーツフレーバーやカラフルな見た目が印象的な「レインボーミルク」が人気です!

見る

沖縄は地下も見所満載!

天然記念物「玉泉洞」

「おきなわワールド」内にあり、東洋で最も美しいと言われる鍾乳洞「玉泉洞」。
珊瑚を主成分とした琉球石灰岩から成り、なんと30万年の自然の営みによって創り上げられました。
国の天然記念物に指定されており、この鍾乳洞を見るために年間約100万人がこの場所を訪れています。

ライトアップした鍾乳石や石の間を流れる滝見所の1つ。
鍾乳石がひきつめられた空間はまるで異世界にいるような感覚になります。
歩く距離が長いので歩きやすい靴と時間に余裕をを持って入ると安心です♪

「おきなわワールド」では伝統芸能「エイサー」や伝統衣装を着て写真を撮ることもできるので是非一緒に体験してみてください。

何度訪れても新しい発見がある!

美ら海水族館

沖縄の言わずと知れた「美ら海水族館」。
海洋博公園の中にある沖縄人気スポットの1つです。

なんといっても世界最大の魚ジンベエザメが目の前で悠々と泳ぐ姿は迫力満点!
写真のように巨大パネルの水槽から見たり、大水槽の上にあるデッキから眺められる「黒潮探検」も人気です。

そのほかにもヒトデやナマコを手で触れるタッチプールや自然光を活用したサンゴの水槽、沖縄の深海を再現した「深層の海」など沖縄ならではの海の出会いも!
ちなみに、午後は込みやすいので比較的すいている午前中の入館がオススメです♪

遊ぶ

天然の青い輝きを見に行こう

青の洞窟

沖縄の人気スポット青の洞窟は沖縄本島中部、真栄田岬(まえだみさき)の崖の下にある洞窟です。
青の洞窟の由来は、洞窟の入り口から差し込む太陽の光が反射し、美しい青色の海面が輝くことからきており、シュノーケルもしくはダイビングでお楽しみいただけます。

周辺の海はサンゴや可愛らしい熱帯魚がおり沖縄本島で一番人気のシュノーケル・ダイビングスポットなので、マリンアクティビティを体験するにはぴったりの場所。
初心者の方でも安心して参加できるツアーや人の少ない早朝や夕方に参加するのがおすすめです♪

デザインは無限大!

琉球ガラスでオリジナルを造る

琉球ガラスは丸く曲線を描くような形とカラフルな色彩が特徴的で、見ているだけで心温まるようなデザイン。 伝統工芸品にも認定されている沖縄の特産品です!! 琉球グラスで自分だけのアクセサリーやグラス作り体験はいかがでしょうか。

体験にはガラス工房等でワークショップに参加します。工房によっては小学生からガラス作り体験参加することができ、子供から大人までみんなで楽しめます。

人気のガラスの色は青。
気泡が多いのも特徴のひとつの琉球ガラスで、沖縄の穏やかで青く澄んだ海を連想させます。 思い入れのある創作品は旅のお土産にもぴったりです。

異国情緒溢れるチルスポット

アメリカンビレッジ

沖縄本島、北谷町美浜に位置する「アメリカンビレッジ」は大きな観覧車が目を引くリゾートタウン。 広大な敷地内には映画の世界のようなリトルアメリカンの明るい雰囲気が漂います。

グルメなら沖縄郷土料理からビレッジらしくハンバーガーやボリューム満点のシェイクが人気! ショッピングはデザインTシャツや島ぞうり(ビーチサンダル)など沖縄ならではのお店が充実しています。

また、海岸沿いのカフェで海を見ながらのんびり海や夕日を眺めるのもおすすめの過ごし方です。 町がライトアップされるとノスタルジックな姿に。是非お気に入りの時間を見つけてみてください。

パワースポット

手付かずの自然がそのままに

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷は南城市「おきなわワールド」の向かい側にあり、壮大な自然と神秘の力を感じられるスポット。

鍾乳洞が崩れてできたことがはじまりで、中には推定樹齢が150歳とされる巨大なカジュマルや日本人のルーツとされる「港川人」の遺跡発掘地など、足を踏み入れると太古の世界が目の前に広がります。

ガンガラーの谷入り口には鍾乳洞をそのまま活用したカフェがあり、美しい自然の姿を眺めながら心安らぐひと時をお過ごしいただけます。

厳かな琉球王国最高の聖地

斎場御嶽(せーふぁうたき)

「御嶽」とは「聖地」の総称で、琉球の創世神話の神様が降臨する「琉球王国最高の聖地」として今でも沖縄の信仰の場所とされています。

琉球王国時代から大切にされてきた斎場御嶽では美しい大自然の景観や貴重な史跡が残っています。 斎場御嶽内には6つの‘イビ’と呼ばれる聖域があり、首里城の部屋と同じ名前を持っている場所も。

写真で紹介しているのは三庫理(さんぐーい)と呼ばれるイビのひとつで、斎場御嶽の最も奥に位置しています。 大きな岩が三角の空間をつくりあげており、琉球の創世神が降臨した場所とされています。